映★画太郎の MOVIE CRADLE 2

もう一つのブログとともに主に映画の感想を書いています。

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』を観る前に


最新作の公開前に予告篇などでわかっている知識を基にして、無責任にあれこれ述べます。

www.youtube.com

あくまでも公開前に映画本篇を観ずに書いてますから勝手な思い込みもあるだろうし、あとになって訂正が必要なことも出てくるかもしれません。

いや、まぁ、テキトーなことしか書いてませんから軽く流し読みしていただければ。

なお、映画を観るまで一切の予備知識を持ちたくなくて予告篇すら観ていないような人にとっては登場人物についてちょいネタバレ気味なところもあるので、くれぐれもご注意ください。


まず、名前にツッコんでいいですか。

オスカー・アイザックが演じるキャラ、ポー・ダメロン。


ダメロン…。

なんか丸出だめ夫ウルトラマンタロウの怪獣みたいなダメそうな名前^_^;

“ダメロン”という苗字が本当にあるのか、それともスター・ウォーズ世界特有の特殊な名前なのかは知りませんが、この名前に慣れるのには時間がかかりそう。

キャメロンだと普通なのにダメロンだとどうしてこんなに残念な感じになるんだろう。

僕が子どもの頃は太った子に「デブリン」というあだ名をつけたりしてたけど、今やデヴリンという苗字を聞いても別に可笑しくないように、いずれは「ダメロン」が何の変哲もない普通の名前に思えるようになったりするんだろうか。*1

まだ映画を観ていないから新しいキャラの名前に馴染みがないせいもあるけど、たとえばレイとかフィンとか、あまりにも素っ気なさ過ぎるというか…。

[


いや、ルークやレイアだってわかり易いっちゃ、すげぇわかり易い名前だけどさ。

あと、気になったのがカイロ・レン。


予告篇で十字型の赤いライトセイバーを操っていた男で、ダース・ベイダーの溶けたヘルメットに向かって「私があなたを受け継ぐ」みたいなこと言ってるのがなんだか中二病患者っぽくて、大丈夫かな、と少々不安に。*2

赤いライトセイバーだから彼はシスの暗黒卿の末裔のような存在なのだろうけれど、そのわりには「カイロ・レン」という名前がピンとこない。

だって、これまでのスターウォーズの世界の悪役たちって、ダース・ベイダーにしてもジャバ・ザ・ハットにしてもボバ・フェットもドゥークーもグリーヴァスも、ほぼみんな名前に「濁点」が付いてたんだよね。

それがいかにも悪役らしくてよかったんだけど、カイロ・レンには濁点がない。

まるでガンダムの主人公みたいな爽やかな名前。

大杉漣にだって濁点があるのに。

悪役っぽくないんだよなぁ。

だから、もしかしたら彼は単なる悪役ではなく、もっと複雑なキャラなのだろうか、なんて想像してますが。

ハン・ソロ”も不思議といえばなんとも不思議な名前だし、そもそも“スカイウォーカー”なんて苗字も実に奇妙。*3

それが今では彼らの名前になんの疑問も湧かない。

だから、映画を観終わったら僕が感じているこの違和感はすべて吹っ飛んじゃうかもしれません。


さらにこの映画には“キャプテン・ファズマ”というキャラクターも登場して、彼女はメタリックなストームトルーパーの格好をしているんだけど、マスクやマントをしてることもあって外見が先ほどのカイロ・レンと若干カブっている。


ちょっとヴィジュアル的に紛らわしいな、と。

今「彼女」と書いたように、このキャプテン・ファズマを演じているのは女優のグェンドリン・クリスティーらしいので、つまり女性キャラということですね。

ちょっとコスプレの香りもほのかにしますが、これまでストームトルーパーや目立つ悪役として女性キャラが出てきたことはなかったので*4、俄然興味が湧いてきたのでした。

このシリーズの“主人公”はデイジー・リドリー演じるレイということだから、つまり今回のトリロジーは女性キャラがこれまで以上に活躍を見せてくれるのかな、と期待。レイアも再登場するし。


キャリー・フィッシャーが演じたレイア姫はその後のSFアクションとかファンタジー映画におけるヒロイン像にさまざまな影響を与えたと思うのだけど、それでもこれまでエピソード1~3のアミダラ姫(ナタリー・ポートマン)を含めて彼女たちはけっして主役級ではなかったし、あくまでもヒーローたちの脇にいる存在だった。

だからこの「スター・ウォーズ・サーガ」に女性の主人公が登場するというのは、とても画期的なことだと思うのだ。

彼女が年取ったルーク(マーク・ハミル)とどのようなかかわりを持つのか興味は尽きない。


あと気になることといえば、予告篇でも姿を見せていて早くも人気の“転がるドロイド”BB-8なんですが、その動きがとてもカワイイから彼(彼女?)の活躍も楽しみにしてるけど、シリーズ9作すべてに登場する予定のR2-D2とマスコット的なキャラがカブらないのだろうか。


エピソード1で初登場したジャー・ジャー・ビンクスC-3POのお喋りなキャラとカブってて観ていてなんとも居心地が悪かったように、旧三部作(EP4〜6)のキャラクターを無理矢理出そうとして新キャラとキャラ設定がバッティングしてしまわないか心配。

たとえば、「ガンダム」のハロと「ヤマト」のアナライザーが同じ作品で共演したら、キャラがカブるのでそれぞれのキャラクターの魅力が相殺されてしまう危険があるでしょ。それと似た懸念を持ってしまう。


新たな三部作が作られると発表された時、一番心配だったのは、悪役にどのようなキャラクターを登場させるのだろう、ということだった。

皇帝もダース・ベイダーも死んだ今、彼らを超えるような魅力的な悪役を果たして生み出せるのだろうか。

申し訳ないけど予告篇の時点では、たとえばエピソード1の予告のダース・モールの勇姿を観た時の「うわぁぁ、かっこええ!!」という感動はなかったんだよね。

スター・ウォーズの人気はダース・ベイダーの存在があったからこそだと思うし、だとすればやはり悪役はベイダーに匹敵するかそれを超えるような強力なキャラクターでなければもはや観客は真に熱狂できないでしょう(エピソード1でダース・モールをあっけなく殺してしまったのは本当に大失敗だったと思う)。


ゴチャゴチャ書いてきましたが、楽しみにしてますんで。

だからこその不安なのです。エピソード1だって予告篇で俺はめちゃくちゃアガったんだからね。予告篇観るためだけに映画館行ったりしたほどで。

それが本篇観てガッカリしちゃって、EP2、EP3とだんだんテンションが落ちていった(エピソード2はわりと好きだが)。

その経験があるから、手放しで期待できないのだ。

だけど、ルークやハン・ソロたちが再登場するんじゃ期待するなというのが無理な話だし、誰も結末を知らない新たな三部作とその登場人物たちが僕ら観客を魅了してくれることを心から願って止みません。


関連記事
スター・ウォーズ エピソード1~3についての雑な感想
『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』
『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』
『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐(帰還)』
『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
年明け初4DXスター・ウォーズ
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『クリード チャンプを継ぐ男』
『ピープルvsジョージ・ルーカス』
ストームトルーパーの叫び

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

*1:ダメロンはダメじゃなかったポー。イイ奴だったポー。

*2:残念ながら“嫌な予感”は的中してしまった。

*3:ハン・ソロの名は服部半蔵から、スカイウォーカーは猿飛佐助から取られた、という説も。

*4:映画について言っています。小説版やアニメ版のことは知らないので。