映★画太郎の MOVIE CRADLE 2

もう一つのブログとともに主に映画の感想を書いています。

「カムカムエヴリバディ」を観終えて

f:id:ei-gataro:20220409152926j:plain


4月8日(金)に“朝ドラ”ことNHK連続テレビ小説の「カムカムエヴリバディ」が最終回を迎えました。

www.youtube.com

ei-gataro.hatenablog.jp

ei-gataro.hatenablog.jp

同ドラマについてはこれまでに2つほど記事↑を書いてきて、その時点では僕はこのドラマをまだ好意的に観ていたので穏やかな文章だったんですが、今回は『「カムカムエヴリバディ」を観終えて』…と題しつつ、すみません、「カムカム~」の細かい内容についての感想というよりも(もうかなり忘れてしまっているし)、途中からこのドラマに猛烈に覚えた不快感と不満について記していきます。このドラマが好きなかたは不快な気分になるかもしれませんから、お読みにならない方がいいと思います。

3月の半ばまで僕はこれまでの朝ドラ作品のようにTwitterで「#カムカムエヴリバディ」のハッシュタグで肯定的な感想を呟いていたんですが、どうも「ひなた編」での主人公ひなた(川栄李奈)とその弟・桃太郎(青木柚)の言動にだんだん我慢ならなくなってきて、でもタイムラインに流れてくるのはファンのかたがたの絶賛ツイートばかりなものだから違和感がハンパなくて、思わず「#カムカムエヴリバディ反省会」という主に批判的なツイートが多く書き込まれているところを覗いたところ、非常に納得のいく意見が多くて、しばらくそこに書き込みをしたのでした。


3人のヒロインの3人目であるひなたが主人公の「ひなた編」には、このドラマが抱える問題が集約されているように僕には感じられたのでした。

人として間違ってること(人の職業を見下したり失恋の腹いせに万引きすることなど)がきちんと反省されないまま、お話が先に進んでいく。

昔なじみの人々がたびたび再登場して、それが「伏線回収」などと称えられる。

努力が苦手でだらしない性格だったひなたが、いつの間にか地道に英語を勉強して英会話をマスターしていたり、時代劇に真面目に取り組んでいるとは言い難かった(安達祐実演じる先輩女優のすみれに人間性を疑うような暴言を吐いたり、お化け屋敷の仕事にふてくされたりしていた)五十嵐文四郎(本郷奏多)がハリウッドでアクション監督になっていたり、その成長の過程がすっ飛ばされて結果だけが“報告”される。

f:id:ei-gataro:20220409153248j:plain


このドラマの登場人物たちはほとんどがそうだ。

※ごめんなさい、「桃太郎」がいつの間にか「桃次郎」に脳内でトランスフォームしてましたが。名前さえ失念するほど思い入れがなくなっていた。


f:id:ei-gataro:20220409152817j:plain


…はい、もう充分ですね、すみません偉そうに。

だけど、僕はこのドラマの出来が「朝ドラ歴代ベスト3」とか言われても「冗談でしょ」と思うし、「巧い脚本」と言われても「全世界の脚本家に謝れ」と言い返したくなってしまう。

たびたび例に挙げてしつこくて申し訳ないですが、同じBK(大阪放送局)制作の「スカーレット」も「おちょやん」も、僕は毎日大変楽しく観て、あれこれと文句も言ったけど、それでもどちらも好きな作品だったんですよね。

それがここ何年もの間、安定のクオリティを保ってきたBK作品にもかかわらず、「カムカム」には途中でほとんど興味がなくなってしまったのだった。これは本当にショックでした。

明日はどうなるんだろう、という関心がちっとも持てなくなってしまって。

一応最後まで観通したけれど、感想で細かい内容に触れられないのは要するに終わりの方はほとんど物語が頭に入ってこなかったから。誰の子どもだとか孫だとか、「答え合わせ」みたいな展開ばっかだったし。

僕は脚本に大いに問題があったと思うし、その責任が脚本家にあるのか、それとも演出を担当したディレクターのせいなのかは知りませんが、100年間のヒロインたちの物語は完全にこのドラマの作り手たちの手に余ったんだと思う。


さて、次週11日からはAK(NHK放送センター)制作、黒島結菜さん主演の「ちむどんどん」が始まります。

AKドラマは僕は何年も途中離脱してしまっているので心配なのですが、今回BKドラマさえもついにそういう危機を迎えたんだから、もう何事にも絶対なんてことはないですね。面白かったらいいなぁ。


f:id:ei-gataro:20220409152814j:plain


関連記事
「ちむどんどん」

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

f:id:ei-gataro:20191213033115j:plain
↑もう一つのブログで最新映画の感想を書いています♪