映★画太郎の MOVIE CRADLE 2

※2019年の“はてなダイアリー”終了に伴い、2018年9月にブログを移行しました。

箱根一泊旅行 ポーラ美術館 ガラスの森美術館

八月末に箱根に行ってきました。

小田原駅から箱根湯本へ。そこから登山電車で強羅へ。箱根の山は上の方はガスってて何も見えず^_^; ロープウェイでも360度四方を白い霧に囲まれました。

f:id:ei-gataro:20180904005247j:plain
f:id:ei-gataro:20180904005248j:plain

 

ケーブルカーで早雲山、ロープウェイで大涌谷へ。

大涌谷で名物“黒タマゴ”を購入。殻は黒いけど中は普通に白かったw ロープウェイで桃源台へ。

f:id:ei-gataro:20180904005246j:plain

 

桃源台港から海賊船ロワイヤルII号で芦ノ湖を遊覧。風が気持ちよくてとても涼しかったです。箱根町港で海賊船ビクトリー号に乗り換えて元箱根港へ。

f:id:ei-gataro:20180904005249j:plain

f:id:ei-gataro:20180904005250j:plain
f:id:ei-gataro:20180904005251j:plain

 

その日は箱根湯本の老舗ホテル「河鹿荘」で一泊。

f:id:ei-gataro:20180904005256j:plain
f:id:ei-gataro:20180904005257j:plain

 

食事は晩ご飯も翌朝の朝食も和食だったんですが、味付けが上品でとてもおいしくて(仲居さんによれば70歳のシェフが腕によりをかけて作っているそうです)、これはなかなか大人向けの宿だなぁ、と。

コースとは別に子持ち鮎も注文して、多分今年最初で最後の鮎を堪能。

露天風呂は2階と6階にあって、毎日女風呂と男風呂が交替。夜と朝にそれぞれ別の階のお風呂に入ってきました。見晴らしがよくてお湯の温度もちょうどいい。

 

翌日、バスでポーラ美術館とガラスの森美術館へ。

f:id:ei-gataro:20181008094757j:plain
f:id:ei-gataro:20180904005252j:plain
ポーラ美術館

f:id:ei-gataro:20180904005253j:plain

 

ポーラ美術館ではオディロン・ルドンの絵が展示されていました(12/2まで)。「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんもルドンの影響を受けているとのこと。

他にも美術館が所蔵している藤田嗣治クロード・モネの“睡蓮”の絵なども観られました。

f:id:ei-gataro:20180919221313j:plain
f:id:ei-gataro:20180919221314j:plain
エドガー・ドガ「マント家の人々」 エドゥアール・マネ「ベンチにて」

次に行ったガラスの森美術館ではヴェネツィアン・グラスが展示されていました(「華麗なるバロヴィエール一族展」 11/25まで)。ヴァイオリンの生演奏もあり。

f:id:ei-gataro:20180904005254j:plain
f:id:ei-gataro:20180904005255j:plain
ガラスの森美術館

幸い雨も降らず(※その後、日本列島は台風に見舞われるのですが)、涼しくて過ごしやすかったです。さすが箱根だけに観光客も国際色豊かでした。夏休みの終わり頃だったからまだよかったけど、きっとお盆のあたりは激混みだっただろうなぁ。また訪れたいです♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ

箱根登山鉄道 あじさい電車 箱根湯本~強羅 往復 [DVD]

箱根登山鉄道 あじさい電車 箱根湯本~強羅 往復 [DVD]

 
ポーラ美術館名作選―絵画

ポーラ美術館名作選―絵画

  • 作者: ポーラ美術振興財団ポーラ美術館
  • 出版社/メーカー: ポーラ美術振興財団ポーラ美術館
  • 発売日: 2002
  • メディア: ?
  • この商品を含むブログを見る
 
愛の言葉 箱根ガラスの森美術館のひみつ

愛の言葉 箱根ガラスの森美術館のひみつ