映★画太郎の MOVIE CRADLE 2

※2019年の“はてなダイアリー”終了に伴い、2018年9月にブログを移行しました。

ネット輩(やから)

つい昨日、映画館で観てきたハリウッドの夏休み大作映画『ジュラシック・ワールド』(感想はこちら)についてTwitterで感想を述べたり過去のシリーズに関するツイートをしていたところ、見知らぬ人物からいきなりカラまれたのだった。

ここで先方のアカウントを晒すとは「相手にしてもらえた!」と調子に乗るので控えますが、まぁ、それがかなり程度の低い輩(やから)チックな物言いだったんで、「あぁ、バカがカラんできた」と思ったんだけど、夕飯前のヒマ潰しにちょっと相手してやったんですね。

ちょっと書き起こすと(カッコ内は注釈)、

:(※単なる呟き)ジョー・ジョンストンが撮った3作目は90分ぐらいのタイトな尺で観やすかったし嫌いではないけど、CG製の恐竜に馴れてしまって驚きがほとんどなかった記憶が。ティア・レオーニ演じる奥さんが綺麗だったなー。*1


:(※突然)綺麗か?ブスだろ


誰だこいつ。不躾な野郎だな、と思ったけど、最初は努めて紳士的に対応。

:僕は好きですけどねぇ、彼女の顔。彼女がブスなら世の中のほとんどの人はブスになってしまうのでは^_^;


:顔自体はそこらへんの白人のお姉ちゃんの方が美人だろ。顔自体は。


言っときますけど、相手は知らない人です。なんでこんなエラソーなの。

ちなみにティア・レオーニというのはこの女優さん。「Xファイル」の主演、デヴィッド・ドゥカヴニーの奥さん。


彼女を美人と思うかブスと思うかそれは好みによりけりだけど、別に普通に綺麗な人でしょ?

仮に彼女が美人じゃなくても、知らねぇ奴がいきなり「ブスだろ」とか余計なお世話だ。

しばらく様子を見てたら、次で急変。

:(※先方に対してではなく、単なる独り言)ジュラシックワールドは随所に1作目を彷彿とさせる要素があって、だから続けて観るとより楽しめると思う。1作目は子供が苦手な大人と子供たちが危機を乗り越えてともに成長していく物語で、それと恐竜を育てる、ということが重ねられていた。すごくスピルバーグ的なテーマが込められていたんだよな。最新作ではそういうテーマが表面的なものだけで、だから途中で脈絡なくスターロード*2にキスさせちゃったりする。その後のメガネ君のギャグの前振りなのはわかるが、物語を茶化してしまったせいで真面目に観るべき映画じゃなくなってしまっている。


お前みたいなのはくそしょうもない哲学塩映画でもみてろよ馬鹿


なんだこいつ。

あ、めんどくせ、と思ったんだけど(以前、戦争映画の感想を述べてたらネトウヨにカラまれたのを思いだした)、バカは下手に出ると調子コクので、

:RT お大事に。


と返してやると、

バカ:何がおだいじにじゃ、コラ。やんのか?やんのか?


と必死の挑発。

面白そうになってきたので、

キチガイにいきなりカラまれてるけど、面白いのでブロックせずにもうちょっと放置してみよう。


と呟けば、

バカ:そうそうかよーしよーし


と、威勢がいいので期待してたら何もないので、

:なんだ、全然面白くないじゃないか。肩すかし。


と呟くと、

バカ:お前はメインディッシュじゃあない*3


意味不明でつまんないので、

:なんだよ「哲学塩映画」ってw にしようがタレにしようが(※ウマく言ったつもり)テメェにとやかく言われる筋合いはねぇんだよ。永久に埋まってろチンカスが。


と挑発してやると喜んで、

バカ:あ?池沼ちゃんは黙ってひまわり教室に帰ろうねー?


ときた。出たよ「いけぬま」。「池沼」と書いて「ちしょう」と読ませる2ちゃん用語。

:あー、やっぱり出た。「いけぬまちゃん」。


バカ:あうあうあーっていってみ、ほらあうあうあーって


:なんでこいつらって「知的障害」のことを「池沼 」って表記すんだろ。もっとわかりやすい漢字をアテればいいのに。


バカ:じゃあ知障 おい、S*4


:だから面白くないって言ってんだろ。知恵があるならもっと頑張れ。


バカ:なんだ?知的障害者?それアイコンお前?*5ダウン症?ダウンロード症?


とにかく差別用語しか言わない。この手のバカの常套手段。


もっと何か言いたいことがあるのかと思ったんだけど、ほんとに頭の中身がカラッポの奴だったようだ。時間の無駄だった。

なので、

:なんかもっと笑わせてくれるのかと期待していたんだけど、おじさんの見込み違いだったようだ。君には心底ガッカリだよ…あまり人に迷惑かけないように。それからちゃんと薬は飲み続けろよ。


:頭がほんとに残念な輩ほど人のこと「池沼、池沼」とバカの一つ覚えのように繰り返すけど、そういう子はママにスマホ取り上げられちゃいなさいよ。…あっ、なにすんのママっ


バカ:(∩´∀`∩)バィバィ 池沼おじさん じゃあガイジ*6


以上、残念な2人の不毛極まりないやりとりでした。

どっちもどっちですよね。我ながら幼稚だと思う。

これを見て呆れたりヒイてるフォロワーさんたちが目に浮かぶようだ。

だけど、カラんできたのは奴の方だからね。

なんでただ普通に映画の感想呟いてたら、どこの馬の骨とも知れない奴からいきなりタメ口でカラまれなきゃならないの。それも「反論」じゃなくて単なる「悪口」で。

他人のこと「池沼」*7とか連呼してるけど、繰り返すけどカラんできたのあっちだかんね。どっちが「いけぬま」なんだか。

こいつがやってることこそ「健常」とは程遠いと思うんだが。

ネトウヨもそうだけど、だいたい向こうからいきなりカラんできて、言い返すと「知的障害者」呼ばわり、という知恵の回らないパターンが多い。

とにかく人にイチャモンつけたいだけなのだ。「クソリプ」ならぬ「カスリプ」。

こういう“低脳”って必ず差別用語を連発するんだけど、どうやらそうやってあざ笑えば相手にダメージを与えたつもりでいるようなんだな。

知的障害やダウン症は自分よりも「格下」だから、そういう存在に喩えて罵詈雑言浴びせたら相手は悔しがるだろう、と思い込んでいる。

対話でも論争でもなくただ延々と差別用語を繰り返して、相手が「あぁ、こいつは人間の言葉が通じないんだな」と口をつぐむと、「勝った」と思い込む幼稚な自分ルール。

言葉を覚えたてのオウムやインコ以下の知能だ。

まともに会話ができない奴だと思われていることに気づいていない。


可哀想だな。


彼は現実の社会で弱者なんだろう。

だから常に自分が実際に痛い目に遭わずにネット上で叩ける相手を探している。

そこでなんかわかんないけど、Twitterで僕の呟き見て、勝手に目をつけやがったんだろうな。


それと「哲学塩映画」という表現がなんだか泣かせる。

多分、自分に理解できない文章を書く人間はこいつにとって全部「哲学野郎」なのだ。

わからないからとりあえず「哲学」とか言ってみる。

俺「池沼」のはずなのに哲学塩映画とか理解できるのかな。だから“塩”ってなんだよ。

知的障害やダウン症の人たちのことをダシに使ってネットで狼藉を働くこういうバカこそ一匹でも多く駆除する必要がある。有害だから。

どうやらこいつは「バットマン」の“ジョーカー”を気取ってるようだが、笑わせるな。

ジョーカーはネットで自分よりも弱い立場や反撃できないような人たち相手にこんなチンケな嫌がらせなんぞしねぇよ。

これだからアメコミヲタククソなんだ。

こういうカスを「ネット輩(やから)」といいます。

今考えましたが。

輩(ヤカラ)ってのは、ヤクザになれないけどイキって人様に迷惑かけるしょーもないチンピラのことです。

今後はネットだけで威勢のいい奴のことを「ネット輩」と呼ぶことにする。*8

まともな人間なら会ったこともない人に「やんのか?やんのか?」とか言わないもの。

この「がちお」(あ、言っちゃった)って奴はどうやらインターネット上でいろんな人に暴言を吐き続けて迷惑をかけてるレイシストの一匹らしい。

でもネットじゃバカも面白がってもらえるのでなんとか生息できているようだ。*9

そっか、「キチガイ」じゃなくて、ただの「バカ」なんだな。それもレイシスト

なら容赦なくぶっ叩けるよな。

何しろこいつは「チンカス」だから。会話が成り立たない“人間モドキ”の恥垢に人権はない。

あのなぁ、誰のチンカスか知らないけど、他の人すべてが自分と同類だと思うなよ。世の中にはお前にはわからないいろんな人生があるんだから。

テメェの無知と無学を棚に上げてエラそうに他人に甘えんな。

僕はこういう他人に迷惑かけても平気でなんの良心の呵責も覚えないような躾のされてない「頭の悪い子」は大嫌いなので、今後もカラんできたら人間以下の扱いで応じますんで。あんま調子コイてるとシメちゃうからそのつもりでね。

つーか二度と湧いてくんな。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

*1:ジュラシック・パークIII』についての呟き。ティア・レオーニはヒロインを演じた女優さん。

*2:主人公オーウェン役のクリス・プラットは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主人公スター・ロードを演じている。

*3:何をホザいてるんだろう。

*4:意味不明。

*5:Twitterのアイコンに映画の画像を使ってることが理解できないらしい。僕のことを学生だと思ってるようだ。

*6:これも「障害児」のことらしい。だからなんだ。

*7:ネットで「知的障害」を略した「知障」をモジったこういう表現を使う輩は100パー、アレなので要注意。

*8:すでに“ネット弁慶”という言葉があるが、こいつらに弁慶なんて呼び名はもったいなさ過ぎる。

*9:こういう奴をのさばらせている人間たちも同罪だと思うが。